家庭と仕事のバランスに悩む女性のみなさん! 頑張りすぎず 自分だけのカタチで 小さく起業してみませんか?

家庭(生活)と仕事の両立を頑張る女性や主婦の社会進出と起業をMinimal Officeがお手伝い

家庭や生活と仕事の両立を頑張る女性や主婦の社会進出を支援するMinimal Officeの専任アドバイザーです。 女性であることでの働くことへの「罪悪感」、働くことで巻き起こる「負の連鎖」に悲観的にならず、「ワンオペ家事・ワンオペ育児の脱却」を目指して、「頑張りすぎずに、 自分のペースで、ご自分とご家族に優しい形」で、小さく起業してみませんか?

家事を省略。家事を楽に、時短化。  ちょっと考えてみる。【第1弾】~ 家の中のマット編 ~ No.2 

家事を省略。家事を楽に、時短化。 
ちょっと考えてみる。【第1弾】~ 家の中のマット編 ~ No.2 

 

整理収納アドバイザー、Minimal Office 専任アドバイザーの関口真衣です。

 

家事を省略、家事を楽に、時短化するために、日常で当たり前になっていることを、もう一度、ちょっと考えてみるシリーズの「第1弾 家の中のマット編」です。 

 

今回は、前回の続きのトイレマットからお送りします。 

 

■ トイレマット 

 

早速ですが…

 

みなさん、トイレマットは使っていますか?

 

 

f:id:minimal-office:20190724145318j:plain

 

あるトイレファブリックの調査によると… 

 

トイレマットの使用率は約50%で、スリッパの使用率は、トイレマットより更に上で、約75%だそうです。 
 

内訳は、トイレマットなしに、スリッパを単独で使っている方が一番多く、スリッパとトイレマットを併用している方がそれに続き、トイレマットのみでスリッパを使わない方、と続くようです。 

 
その他のトイレファブリックの使用率は、便座カバー、フタカバー、ペーパーホルダーカバーの順のようですが、トイレマットを利用している方が、これらのファブリックについての使用率も高い傾向にあるようです。 

 

スリッパ、トイレとマットの使用率の高さからみても、トイレの床は、なんとなく汚いイメージがあり、素足のまま使いたくないということがうかがえますが、そもそも、トイレマットはなぜ必要なのでしょうか? 

 

考えてみました。

 

■ なぜトイレマット(ファブリック)が必要か?

 

床汚れ防止のため

 

恐らく、一番の理由は、用を足す際の尿の飛びはねによる汚れを防止するのが目的ではないでしょうか。


特に、立って用をたす男性やトイレの失敗がある小さなお子さま、高齢者などがいるお宅では、この理由で、トイレマットを必要とされていることが多いのではないでしょうか。


スリッパの使用率が高いのも、きっと、この理由にありそうですね。


簡単に交換ができない床材の劣化やフローリングやタイル目地などに汚れが溜まることを気にして、トイレマットを使っている方もいるでしょうね。

 

 

② 冷え防止、防寒対策のため

 

f:id:minimal-office:20190724150522j:plain

 

上の写真のような古いお家であれば、床がタイル仕上げなどで、冷たく、寒いという理由で、冷え防止、防寒対策のために、スリッパやトイレマットが使われているのではないでしょうか。


古いお家でなくとも、北国のお家や家の北側に配置されたトイレの場合も、同様の理由が挙げられるかもしれませんね。


又、暖房便座ではない場合、座った時にヒヤッとするあの便座の冷たさが嫌で、同じように、冷え防止、防寒対策のために便座カバーを使われている方が多いと思います。


高齢者や心臓疾患などの持病をお持ちの方などの場合は、特に、夜や冬の寒暖差によるヒートショックなどの危険性があるので、寒暖差を緩和するために、トイレファブリックは重要な役割を担うかもしれませんね。


余談ですが…

 

トイレの扉が基本的に外開きになっているのは、なぜかご存じですか?

 

万が一、狭いトイレ内で人が倒れた場合、内開きでは、倒れた人が邪魔になり、扉を開けられず、救出できない可能性があるので、基本は、外開きに設計するのです。

 

それだけ、昔から、トイレは、寒暖差などが原因で、気分が悪くなったりする方が多かったのかもしれません。


そうなると、トイレマットやスリッパ、便座カバーなども古いお家などでは、やはり、今なお、重要なアイテムになりますね。

 

 

③ インテリアのため

 

最近では、壁や床、収納などに拘り、オシャレなトイレがたくさんありますが、従来のトイレや賃貸物件などでは、他の部屋などに比べると、簡素な造りで、殺風景に感じ、少しでもオシャレに、清潔に見せたいというインテリアの要素で、トイレマットをはじめとするトイレファブリックを使っている方も多いのではないでしょうか。


そういう方は、トイレマット、スリッパ、便座カバー、フタカバー、ペーパーホルダーカバーなど一式を揃えるなどして、トイレの雰囲気を自分好みに変え、楽しんでいるように感じます。


先のアンケートであったように、トイレマットを利用している人が、便座カバーやフタカバー、ホルダーカバーなどのその他のトイレファブリックの使用率も高いというのは頷けます。

 

トイレマットに合わせて、他のトイレファブリックも一緒にトータルコーディネートして、インテリアを楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。

 

 

④ なんとなく当たり前に

 

実家などで、ごく当たり前に、トイレにはトイレマット、スリッパ、便座カバー、フタカバー、ペーパーホルダーカバーを使っていたので、あることが普通、特に理由もなく使っているという方も意外に多いのではなないでしょうか。

 

恐らく、私たちの父母世代からすると、昔の造りの家で生まれ、和式の便器で育ち、洋式便器になってからも、タイルやコンクリートの床で、便座は冷たく、トイレは寒いのが当たり前で、スリッパやトイレマット、便座カバーは、寒さ対策のため必須だったはずです。

 

必須だからこそ、トイレが抱く汚い、寒いというようなマイナスイメージをより払拭するためにも、和式便器から洋式便器に変わる時には、インテリア要素がより濃くなり、オシャレなアイテムも増え、トイレマットからフタカバー、ペーパーホルダーまで、オシャレなモノでコーディネートすることがが、むしろ、オシャレで、ステータスだったに違いありません。


そして、現在の暖かい家、暖房便座が当たり前になった今も、その名残で、無意識に、疑問に思わず、変わらず、使っているのではないでしょうか。

 

私は、この慣れからくる、ないと何だか落ち着かないだとか、あるのが当たり前で、理由など考えては使っていないという理由が、実は、トイレマットなどトイレファブリックを使っている理由の中で、一番多いのではないかと思っています。

 

そして、今では、暖房便座の普及のおかげで、便座カバーを使用するのお宅は、随分減っているとは思いますが、トイレマットやペーパーホルダーカバーは、絶対に必要だという理由などではなく、特に疑問視することもなく、別に邪魔にもならないし、トイレマットのように洗濯などの手間も掛からないし、なんとなく残しているという方が多いような気がします。

 

私も、THE昭和人間なので、確かに、私が一人暮らしを始めた当時は、単身アパートのトイレはまだ暖房便座100%の時代ではなかったということもありますが、実家のトイレの光景があまりにも当たり前すぎて、一人暮らしを始める時には、なんの躊躇もなく、トイレマット、フタカバー&便座カバー、ペーパーホルダーカバー、スリッパ一式、オシャレで、かわいいモノにするんだと張り切って探して購入したものです(笑)。

 

そんな私(我が家)も、現在は、アンケート調査の回答で一番多かった、トイレマットなし、スリッパのみの生活へと変化しました。

 

f:id:minimal-office:20190726150614j:plain

 

それはどうしてか…

 

元々、私がトイレファブリックを使っていた理由は①の床汚れ防止と④のなんとなく当たり前にという理由からです。

 

頻繁に洗濯したいと思うけれど、洗濯が面倒で、タイミングが難しいとも感じていましたが、④のなんとなく当たり前に使っているという理由が一番の理由だったので、暖房便座とトイレクイックルなどのトイレ用お掃除用シートが普及してからは、即、便座カバーとフタカバーは撤去しました(笑)。

 

トイレマットもその後、割とすぐに手放すことになるのですが、それは、学生時代、一人暮らしをしている時に、遊びに行った友人(女性)の家にはトイレマットがなかったということがきっかけになりました。

 

 

「なんでトイレマットがないの?」

 

 

と不思議に思い、友人に質問したら、友人が、

 

 

「女性の一人暮らしには必要ないでしょ。トイレマットは、男の人が立って用を足すときに汚しちゃうから、汚れ防止のために敷いているんだよ。」

 

 

と聞いて目がテンに!

 

 

「そうなの!?女子にはいらないの---!?」
「全然知らなかった!!!(汗)」

 

 

と、かなり衝撃的だったのを今でも覚えています(笑)。
そのことを知ってすぐに、トイレマットは私には必要ないと手放しました。

 

ただ、主人と結婚した際に、トイレマットが一時的に復活したことがあります。


男性と一緒に暮らすのだから必要なのだろうという、未確認の理由で(笑)。

 

f:id:minimal-office:20190726152037j:plain

 

しかし、ある日、主人と雑談しているときに、私が何気なく、

 

 

「トイレマットって男性のためにあるんだよ、知ってた?」

 

 

と、私が聞いたら、主人が、

 

 

「そんなの知ってるよ。一人暮らしで自分で掃除するようになって、トイレの床掃除やマットの洗濯はできるだけやりたくないから、家では汚さないように、座って用を足すようになったけどね。」

 

 

と。

 

 

「えっ!?そうなの!?今もそう!?」
「じゃあ、家のトイレマットいらないじゃん!早く言ってよー!」

 


というやりとりがあり、衝撃の事実がまた発覚し、速攻、トイレマットを手放しました!(笑)

 

やっぱり、家族での何気ない会話って大事ですよね(笑)。

 

トイレマット問題に悩む主婦や女性の皆さん、是非、ご主人やご家族と何気ない会話をしてみてください(笑)。


わざわざ聞かなければ知りえない、意外と知らない一面を知ることができるかもしれません。


そして、それは、今後、家事を省略できるきっかけになるかもしれません(笑)。


私は、仕事柄もあって、その後、男性の友人などにも、市場調査という名目で(笑)、男性のトイレ事情なども聞くことが多いですが、うちの主人と同じタイプの人が正直かなりいます。


私の友人・知り合いへの調査では、約7割以上の男性が「家では座る派」のようです。


この結果も結構な衝撃ですよね!?(笑)

 

ちなみに、そうなったきっかけも聞いたところ、一番多かった理由は、主人と同じ、一人暮らしをきっかけに、続いて、 結婚をきっかけにということでした。

 

少々話が脱線しましたが、それから、我が家は、トイレマットの二度目の復活はなく、トイレマットなし、スリッパのみ生活を快適に続けています(笑)。

 

f:id:minimal-office:20190724163423j:plain

 現在の我が家のトイレです。THEシンプルで、掃除がしやすいです。

 

やはり、洗濯のタイミングが難しく、別洗いが面倒なトイレファブリックがないと、掃除・洗濯が省けて家事は楽になります。


床にモノがないって、退かすモノがないって、掃除がとっても楽ちんです♪

 

それに、汚れが目立つ分、気になれば、すぐに床掃除をするようになったので、トイレマットがある頃より、「いつもきれい」がキープできている気がします。

我が家のプラスチック製のペーパーホルダーは、カバーでも掛けて、少々オシャレにしたくなりますが(笑)、ペーパーホルダーもカバーがない分、埃が目立つので、気になったらすぐに拭く癖がつきました。


トイレには、換気扇があるので、結構、埃がたまります。

 

これは、トイレマットやペーパーホルダーカバーがあるとなかなか気づけなかったことで、トイレファブリックがなくなったからこそ気づけたことです。

 

トイレマットやカバーがなくなると、慣れるまで、少し殺風景に感じる時期はありますが、小物やグリーンなどでインテリアは楽しめますし、シンプルな分、逆に、インテリアが引き立ち、目立つので、十分にインテリアも楽しめると思いますよ!

 

という訳で、我が家は、トイレマットなし生活で大正解だと思っていますが、「トイレマットが必要かどうか?」については、正直、お家のトイレの状況とご家庭の諸事情によりけりで、個人差があると思います。

 

家事の省略や時短、「いつもキレイ」を保ちたい人は、トイレマットなし生活に是非チャレンジしてみてください。

 

ただ、先にも挙げた通り、トイレ状況によっては、トイレファブリックは、寒暖差などによるヒートショックなどの予防対策の一つにもなるので、防寒対策が必要な古いお家の場合、持病をお持ちの方がいる場合、男性が多いお家などは積極的に利用してくださいね。

 

ただ、汚れ防止の役割が強いトイレマットは、役割を全うすればするほど、汚れの温床になりうるのは間違いないので、洗濯機で気軽に洗え、乾きやすい素材のマットを選ぶなどして、少しでも家事の負担が少なく、時短になる工夫をしながら、なるべく小まめにお洗濯して、清潔に保つように気を付けてくださいね。

 

ということで、我が家が、トイレマットを手放すきっかけの2大衝撃事件がメインのようになってしまいましたが(笑)、次回のブログはバスマットに続きます。


こうご期待ください。

 

Minimal Officeは、家庭と仕事を両立しようと頑張る女性の味方です。

 

女性の皆さんが抱く、家庭と仕事の両立の仕方、衣食住のお悩みなど、お気軽に、Minimal Officeに相談ください。

 

ご相談は無料です。


ブログの最下部にMinimal Office カレンダーがございますので、Minimal Office ホームページと合わせてご覧ください。

 

Minimal Officeは、8月9日(土)~8月18日(日)まで夏季休業とさせていただきます。

 

お急ぎの場合、ご相談、ご予約はお早めに。